映画『シャーロット・グレイ』作品情報、あらすじ

あらすじ

第二次世界大戦下、看護婦のシャーロットはロンドンに向かう列車の中で役人のリチャードにパーティーに誘われる。
シャーロットはパーティーで出会った空軍のピーターと知り合い、恋に落ちた。
シャーロットがフランス語に堪能なことから、リチャードはシャーロットにレジスタンス運動の参加を持ちかけ、シャーロットは引き受ける。

登場人物

シャーロット・グレイ – ケイト・ブランシェット

ジュリアン – ビリー・クラダップ

ルベート – マイケル・ガンボン

ピーター・グレゴリー – ルパート・ペンリー=ジョーンズ

リチャード・カナリー – ジェームズ・フリート

ルネック – アントン・レッサー

ミラベル – ロン・クック

アンドレ – ルイス・クラッチ

ジャコブ – マシュー・プラト

ポール・ピション – ジャック・シェファード

ボロウスキ – ロバート・ハンズ

デイジー – アビゲイル・クラッテンデン

サリー – シャーロット・マクドゥーガル

作品情報

タイトル:シャーロット・グレイ

原題:CHARLOTTE GRAY

製作年度:2001年

上映時間:121分

製作国:イギリス,ドイツ,オーストラリア

ジャンル:ドラマ、戦争、ロマンス

監督:ジリアン・アームストロング

製作総指揮:ロバート・バーンスタイン、ハンノ・ヒュース、ポール・ウェブスター

原作:セバスチャン・フォークス

脚本:ジェレミー・ブロック

音楽:スティーヴン・ウォーベック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。